12月 14 2012

職業訓練と資格試験の勉強

Published by under マイブログ

私は29歳の時、突然の病気で手足にハンディキャップを負いました。
今は身体障害者手帳を取得し、車椅子で職業訓練に通っています。

もともとコツコツした作業が得意ではなく、事務職にはあまり向きません。
病気になる前は、全国を飛び回る営業職でした。
しかも、新規開拓のいわゆる飛び込み営業でした。

普通は、飛び込み営業なんてストレスなのだと思います。
自社の商品に愛着があったのもあって、ストレスより商品をしってもらいたい気持ちが勝っていました。
今日はどんなお客様に会えるのか、楽しみな日の方が多かったです。

足で稼いできた人生を歩んできただけに、手足の機能を失ったのはショックでした。
ずっと営業で生きていこうと思っていたからです。

治る病気ではなく、現代医学では治療法のないとされる難病にかかっていたのです。
当然、仕事はやめざるを得ませんでした。

今はまだ病状が重いので、療養に専念しています。
しかし、いずれは車椅子で通える職場を見つけて、働かないといけません。

ただでさえ不況で就職難なのにも関わらず、車椅子で通える職場は限られています。
もちろん職種は選んでいられません。

今は職業訓練で、一般的なパソコンスキルとWEBデザインを学んでいます。
ハンディキャップがない人でさえ、就職が難しい時代です。
少しでも技術を身に着けて、就職を有利にしたいと思っています。

私は、結婚を前提に付き合っている彼氏がいます。
周りからは、体調を押してまで無理をせずに、彼氏に食べさせてもらえばと言われました。

彼自身、パニック障害を抱えているので、短い時間しか働けないのです。
私が彼より年上なこともあり、私が稼がなければという思いもあるのです。

合わせて、社会保険労務士の勉強も始めています。
障害の程度が重く、働くことが出来ない人は「障害年金」が受給できます。
社会保険労務士は、障害年金受給のサポートができるのです。

一般企業への就職を目指しているので、必要ないかもしれません。
しかし、同じく障害をもった人の役に立つ機会もあるかもしれないと思い、勉強しています。

ハンディキャップを抱えて社会で生きることは、いいことばかりではありません。
職業訓練や資格試験の勉強を通して、前向きに進んでいきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

12月 11 2012

病気は貴重な体験!

Published by under マイブログ

身体の調子が悪いと、気持ちまで落ち込みがちになることはありませんか?
「病は気から」という言葉があるように、心と身体は密接に繋がっていると感じます。

私は28歳の時に、病気が原因で歩けなくなってしまいました。
歩けなくなったと診断された時には、気落ちして「自分なんかもうだめだ」と悲観的な考えでいっぱいでした。
当然、ストレスを溜め込んでいたと思います。

落ち込んでストレスを抱えていた私は、急に風邪を引きやすくなってしまいました。
「ストレスは万病のもと」という言葉があるように、免疫力にまで影響を及ぼしてしまったのかもしれません。
ストレスを抱えている上に、風邪まで引いているのでさらに落ち込む・・。

確実に、悪循環に陥っていたと思います。
このままでは自分がダメになってしまうと思い、できる限りくよくよしないようにしました。

身体が辛いのは仕方がないとして、心までは落ち込ませないようにしたのです。
病気やハンディキャップを貴重な体験として、前向きにとらえるように心がけました。

しかし、やっぱりどうしても泣きたくなったりすることもなります。
そんな時は信頼できる友人に話したり、闘病日記に気持ちを吐き出すようにしました。

世の中には病気や怪我を貴重な体験だと捉え、ハンディキャップをエネルギー源にしている人達がたくさんいます。
ドキュメンタリーや手記などで、前向きに生きている人たちの考えに触れるようにしました。

前向きに闘病している人たちには、ある共通点がありました。
まず、表情が明るく、言葉や行動が積極的です。

周りの人たちの支えに感謝しながら、生きている人が多いです。
そのせいか、自然と周りに人が集まってくるようです。

私も前向きに治療に取り組んでいくようにしたい!と刺激を受けました。
愚痴や不平不満で心を満たすのは、私にとっても周りにとっても良いことなんてひとつもありません。

人間なんで常に明るく前向きに、というわけにはいきません。
しかし、できる限り心をゆったり保ち、リラックスするように心がけること。
日常の小さな事柄に喜びを見つけていくこと。

日々の生活を前向きに過ごしていくことが、病気の回復にも繋がっていくでしょう。
ストレスが減るだけで、ホルモンの分泌が良くなり、免疫機能がアップするそうです。
笑って過ごすことで、がん細胞が消えた例もあるそうです。

病を抱えながらの生活は楽ではありませんが、後ろは振り向かずに日々歩んでいきたいです。

コメントは受け付けていません。

12月 08 2012

病気を通して得たプラスの体験

Published by under マイブログ

私は神経難病のため、車椅子を使っています。
車椅子を使い始めて3ヶ月目なので、まだ車椅子生活に慣れていません。

まず、手にも障害があるので、自分1人で車椅子をこぐことができません。
自由に外出ができないので、ストレスが溜まります。

私は車椅子になる前は、旅行でストレス発散をするタイプでした。
インドア派ではなかったので、休日は外出することがほとんどでした。

仕事は関西各地を飛び回る営業職でしたし、じっとしているのは性に合いませんでした。
自宅は寝るために帰っているだけのようなものでした。
病気になる前と後では、生活パターンに大変な差があるのです。

療養生活が始まった当初は、「何もしていない」という罪悪感がありました。
病気を機に仕事を辞めたので、1日特にすることがないのが辛かったのです。

何かしなければという焦燥感から、資格試験の勉強を始めたこともありました。
結果、治っていないうちから無理をしてしまったせいで、体調を悪化させてしまったのです。

病状を悪化させてしまった反省から、リハビリと療養こそが患者の仕事だと考えるようになりました。
病人だと健康であればなんでもないようなことで、体調を崩してしまうことがあります。

例えば、1時間テレビを見ることですら、身体に負担になってしまうことがあります。
病気のために免疫力が低下しているので、常に38度から40度の熱が出ているからです。

「病気だからと、何もしない自分は怠けている」という罪悪感がなくなるまでには、時間がかかりました。
今は無理をせずに、発熱している時は休むことができるようになりました。

自分で自分自身の身体を労ることができるようになってから、思わぬ効果がありました。
周りに優しくなることができるようになったのです。

以前は、サボっている人や仕事もせずにぶらぶらしている人たちが許せませんでした。
しかし、今は相手にも事情があるのだろうと余裕を持って考えられるようになりました。

自分に優しくなることで、他人に対しても優しくなることができるようになった気がします。
自分に厳しかった以前は、周りに対して思いやりを向ける余裕がなかったせいでしょう。

病気になったことは世間的にはマイナスの出来事でしょう。
私にとっては、他人に対する思いやりを持てるようになり、価値観が変わったプラスの体験になっています。

コメントは受け付けていません。

12月 05 2012

パソコンスキルを身につけよう!

Published by under マイブログ

最近、ノートパソコンを買い換えたことで、困ったことが起きました。
WordとExcelが2010バージョンになってしまったのです。

私が馴染んでいるのは、2003バージョン。
2010は操作が便利ではあるのですが、慣れていないので失敗ばかりです。
WordとExcelはパソコンの基礎的なスキルです。
簡単な操作にすら、もたもたしている自分が嫌になってしまいます。

あまりにも自分が情けなくなってきたので、amazonでWord・Excelの虎の巻的な本を買うことに。
しかし、検索してみると数えきれないぐらいの本がヒットしました。
どれを選んでいいか迷っているうちに、どんどんと時間が過ぎて行きました。

ふとこうやって本を選んでいる暇があったら、実践で練習した方が上達する気がしてなりません。
無駄な時間を過ごしてしまったのではないかと、反省すらしてしまいました。

もともと私はパソコンには苦手意識が強い方です。
パソコンスキルがなく、事務職が向いていないことがわかったのが学生の時です。
パソコンを使った仕事を避けるために、営業職を選んだぐらいです。

しかし、そんな私がどうしてもパソコンスキルを身につけないといけない事情があるのです。
実は今年から神経性難病のため、車椅子生活を送ることになったからです。

立ち仕事である営業職には戻れないので、新たに職を探していくことになります。
もちろん、今は病気の治療が優先で、就職活動はまだ先の話です。
しかし、遅かれ早かれ、就職活動をしなければならない時がやってきます。

車椅子で仕事を見つけるとなると、どうしてもWord・Excelは必須になります。
なぜなら、車椅子で募集がある職種はほとんどが事務職なのです。
もともと車椅子というハンディキャップがあるので、人より抜きん出たスキルが必要でしょう。
不況の中、健常者でさえ就職が難しいのに、ハンディキャップがあるとなおさらです。

病気療養で時間があるのだから、この機会にパソコンスキルを身に着けていきたいと思います。
苦手なことで、遅々として進みませんが、将来のために地道に努力していきます。

パソコンがもうここ数年で大分普及されてきましたね。
そのため、インターネットではいろんな情報が載るようになり便利になってきました。
探偵事務所をやっている友人がデータの管理などにパソコンがものすごく重宝していると言っていました。
なんだか色々なデータを使っていそうなので覗いてみたいものです。

コメントは受け付けていません。

11月 17 2012

お米勢力図

Published by under マイブログ

お米といえばコシヒカリ。生産地と言えば新潟をはじめとした北越地方が一番有名ではないでしょうか。コシヒカリというともはや信仰の対象になるブランドですよね。
お米の味はよくわからないという人でも、ひとまずコシヒカリを買っておけば間違いはない。そういう信頼のブランドと言えるポジションです。羨ましい限りですね。
他にもあきたこまちやササニシキ、ひとめぼれなんかは有名ではないでしょうか。

そういった有名なお米は安心して買うことができます。ただ、今は新しいお米もどんどん増えてきているそうです。しかも品種改良によってとても美味しくなっているとか。
また、産地も東北や北海道が盛り返してきているんだそうです。ナンバー1の座を脅かす存在が出てきているということですね。これはコシヒカリにとっては死活問題です。
私たち消費者の目線から言えば、たくさんの品種が出てきて切磋琢磨してくれたほうがいいとも言えます。

何年前か忘れましたが、お米が不作で海外から輸入したことがありました。結局のところ輸入しなくても間に合ったみたいですが、タイ米が一時期話題になりましたね。
日本のお米と違って水分が少なく細めのお米です。パラリとした仕上がりになるので、チャーハンなんかに向いているとニュースやワイドショーで宣伝していました。
私は1度だけ食べたことがありますが、お米だけで食べるにはイマイチだなあという感想でした。

お米自体の品質云々ではなく、ただ単に日本人の口に合わないだけなのでしょう。チャーハンやパエリアで食べると、日本のお米より美味しく頂けました。相性ですね。
アジアのほうはお米の消費量がかなり多いそうです。ごはんをとてもたくさん食べるそうなので、日本のお米のように水分が多くモチモチしているとダメなんですね。
所変われば品変わるとはこういうことだなと思います。その土地と風土に合った食材が必ずあるんですね。

ですから、お米が不作だからといって海外から必要以上に輸入しても無駄なんです。結局高くても日本米を買ってしまうのが、日本人の日本人たる所以なんですから。
お米は絶対コシヒカリ!という信仰も当分は変わらないでしょう。お米勢力図が急変することは可能性としては低いと思います。それだけ重要な事柄なんですね。
でも美味しいお米が増えてきたことは事実です。これからのお米勢力図が楽しみですね。

コメントは受け付けていません。

11月 14 2012

こんなにも変わるものか

Published by under マイブログ

今から数年前のことです。当時寿退社した会社の同僚がいました。とても素直でかわいくて、旦那さんはいい人見つけたねえなんて言われていました。
旦那さんも同じ会社で他部署の人でした。社内恋愛で結婚というパターンですね。旦那さんのほうは私はあまり知りませんでしたが、仕事熱心で真面目な人だと聞きました。
幸せになってほしいなあと思いました。一緒に仕事をしていた期間は1年くらいでしたが、とても気が利く女性でした。

その元同僚からある日メールが届きました。退社して以来だったので何事かと思いましたが、相談があるとのこと。詳しくは会って話したいということでした。
働いていた時は一緒に食事に行ったり温泉に行ったりした仲でした。結婚してからぱたりと連絡がこなくなったので、新婚だし色々あるだろうとノータッチでした。
ちょっと忘れていたころに今回の連絡です。私は妙な胸騒ぎといいますか、ちょっと嫌な予感がしました。

私の家の近くまで来てくれるということで、近所のファミレスで落ち合うことに。お店の前で待っていると、向こうから痩せた女性が近づいてきます。元同僚でした。
かつてのふっくら可愛らしい面影はどこにもなく、やつれて髪の毛はボサボサでした。くたくたの服を着て「待たせてごめんね」と力ない声で謝ってきました。
とにかく中に入って何か食べよう、と言うとその場でうずくまって泣き出してしまったのです。

これは私1人の手には負えないなと思い、同僚に来てもらうことにしました。男性でしたが、彼女も良く知っている人だったからです。そこから3時間話を聞き続けました。
結論だけ言えば、彼女の旦那さんは典型的なモラルハラスメントの男性でした。そこにDVも加わっていたようで、彼女のお腹と背中にはタバコを押し付けた痕がびっしり。
とにかく命が危ないと思い逃げてきたといいます。ちなみに旦那さんは当時まだ私と同じ会社で働いていたのです。

今はもう解決していますが、最初に同僚を見たときの変わりぶりを今でも夢でみます。ものすごい衝撃でした。たった1人の人間がこんなに変わることってあるのかと。
蛇足ではありますが、DVをしているとわかってから以後、旦那さんに職場で会ったことがあります。至って普通の人で、みんなと楽しそうに談笑していました。
この人が裏ではと思うと、この世で一番怖いのは人間だなと心の底から思ったのでした。

コメントは受け付けていません。

4月 25 2012

痛いぜぃ

Published by under マイブログ

どうしようもなく、おっちょこちょいで怪我が耐えません。
完全に母譲り、幼い時に見た母がいま私の中で芽生え始めています(>_<)
昨日は負傷2か所でございます・・・

まず火傷。


フライパンの淵にてジュッとやったのだと思います。
「思います」というのはもう詳細が分からないということ。
鍋に触って火傷なんてしょっちゅうなので今さら気にもなりません。
その瞬間に「あつぅっ!いたっ!」ってくらいです。
氷で冷やすことさえもない最近、痕ならないかだけが心配・・・

そして同じ日に手の甲を負傷。

分かりにくいでしょうか?
人差し指と中指の付け根部分の赤くなっている場所です。
こちらはトイレにて。
古家の我が家、トイレがちょっとした居酒屋のように縦長で、手前に男性小便器があり奥に洋式トイレという造り。
洋式を済ませ出ていく間際に小便器の飛び出た流水ボタンに強打したのでした・・・
今回はめっちゃ鈍い音がしたしヤバいとは感じたのですが、案の定、がんがん膨らんできております(;_:)
とは言え、パソコンできてるし大丈夫かな?(笑)
とりあえず重いお皿も持てなくなり、グーも出来なくなりました。
明日の仕事、大丈夫かしら・・・?

毎日どこかしら怪我をしますが、久しぶりに1日に強めの怪我を2つしました。
子どももややあきれ顔。
いずれ大きな怪我をしないよう気をつけようと思う、遺伝性おっちょこちょいな私です。

コメントは受け付けていません。

4月 25 2012

タニタ食堂のごほうびキャンディー

Published by under マイブログ

今日、職場の人が、タニタ食堂のごほうびキャンディーというキャンディーを買ってきたと言ってみんなに配ってくれました。
タニタ食堂は、ヘルシーレシピで有名ですよね。
最近、社員食堂が一般の人にも開放されたり、お弁当が出たりと何かと話題になっていますよね。
ついにキャンディーまでも出たようです。

もうすでに食べたという人も多いかもしれませんが、タニタ食堂のごほうびキャンディーは、マンゴー、アップル、マスカットの3つの味があります。
それぞれに、にんじん、濃縮トマト、ほうれん草のパウダーが入っているので、健康にも良いようです。
3種類全て食べてみたのですが、どの味も共通していることは、甘さがあまりないことです。
野菜の味もきちんとします。
私はあまり感じなかったのですが、同僚は、野菜の味が苦手だと言ってすぐに口から出していました。

そして、タニタだけに1粒10カロリーとカロリーオフとなっています。
あめの包みには、立ち話で何カロリー消費、アイロンかけで何カロリー消費など生活のいろいろなことで消費するカロリーが書かれています。
ちなみにこのキャンディーを3粒食べると30カロリーで、30カロリー消費するためには、ジョギングを約4分しなければいけないと袋に書いてありました。
キャンディーって何気なく食べていたけれど、食べたカロリーを消費するためには、結構な運動が必要になるのですね。
カロリーが低いキャンディーでこれなので、普段食べているキャンディーなら消費するにはもっと激しい運動が必要になるのでしょう。
これからは気をつけて食べようと思いました。

私の家からだと、タニタ食堂が家から少し遠いのです。
行く機会があったらプリウスアルファでドライブがてら行ってきます。

タニタのごほうびキャンディーは、ダイエットにも健康にも良さそうです。
味は好みがあるかもしれませんが、私は好きな味だったので、買って食べてみようと思います。

私の家からだと、タニタ食堂が家には

コメントは受け付けていません。

4月 21 2012

ブロッコリー=カリフラワー?

Published by under マイブログ

幼い頃、野菜が苦手だった息子も今では野菜が大好きになりました。
食べられない野菜はほとんどありません。
野菜が苦手で、焼きそば→煮込みうどん→納豆・・・を繰り返していた息子の幼少時代が信じられない(苦笑)

先日、カリフラワーが宅配野菜で届き、調理しました。
「らでぃっしゅぼ~や」さんで届くお野菜は本当に美味しいから、お野菜がメインのシンプルな料理が増えて嬉しい限りです♪
はい、こちらがカリフラワーのお料理。

カリフラワーとスナップエンドウのマヨ焼きwithカレーマサラ☆
1)歯応えを残して茹でたカリフラワー、スナップエンドウを耐熱皿に盛り、
2)岩塩をふりかけ、
3)マヨネーズをしぼり、
4)トースターにて10分弱。
5)最期にカレーマサラをふりかけて完成です!
簡単ながら、ご飯も進む絶品。
子どもが100点をくれるメニューのひとつです!(^^)!

そんな息子から疑問の声。
「カリフラワーってブロッコリーに似てるし大好き。でもどこか違うの?」
・・・答えられない母(苦笑)
ちゃんと答えてあげたいので調べてみましたよ。

ブロッコリーが先にあり、カリフラワーは突然変異(アルピノ)で白くなったとか。
それを安定的に作れるよう品種改良が進み、現在に至るそうです。
ちなみに栄養素は緑黄色野菜のブロッコリーが優勢のようですが、茹でることで栄養素が逃げやすいのもブロッコリーとのことでした。

あぁ~、私も息子のお陰でひとつ利口になれました。
これからも家族で野菜を楽しんでいきたいと思います(*^_^*)

コメントは受け付けていません。

4月 18 2012

片付けたい

Published by under マイブログ

ただいま、我が家の御主人さまは仏壇を製作中です・・・いや、ホントの話(笑)

ご先祖様を大切にする家庭に育った主人、中古の家を構えたと思ったら、押入れをぶち抜いて作り付けの仏壇を作り始めました。
主人と一緒にいればご先祖様が守ってくれそうだけど、押入れをぶち抜かれるのもなかなかの困りものだな~と本心では思っているところです(^_^;)

で、そのために押入れをひとつ整理して片付けたら、家中の押入れが気になってきました。
入れっぱなしのものがたんまり出てきたので、これは家中を片付けたらスッキリするだろうな~と思えてきたのです。
ということで、春休みに大々的片付けの決行をここに宣言させていただきます!(^^)!
めっちゃゴミが出そうで今から怖いです(苦笑)

そこで、まずは家にある粗大ゴミをチェックしてみました。

いつかは使うと思っていても使わないものって多いですね。
カーペットなんて放置すればするほど埃っぽく湿気っぽくなるし使いたくなる。
家電なんてもっと省エネでパワーのあるのが出ちゃう。
ベビー用品もどんどん進化するから5年以上前のものなんて流石に人に譲れないわ~。

こうやってゴミになるものたちを見ていると、本当に無駄な買い物ってしちゃいけないなって思います。
ゴミを見て感謝することで次の無駄遣いが抑制されるというのは本当かもしれません。
トキメキ整理術のこんまりちゃんが言ってました。

片付けたい、そしてもうモノを増やさないようにしたい。
これこそが私が春休みにしたいことの目標です。

コメントは受け付けていません。

Next »

タグ

検索